SANSUI横浜店勤務。釣行記と独り言。


by yokohamafly

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
釣行記
フライタイイング
イベント
独り言

最新の記事

5年目の道北
at 2016-10-22 07:52
また台風?・・・
at 2016-10-02 09:05
BOMMER
at 2016-09-19 22:22
調査釣行
at 2016-08-04 17:44
深夜バスの旅
at 2016-06-30 09:33
道北 釣り旅 その2
at 2016-06-28 00:39
道北 釣り旅
at 2016-06-25 07:53
2016’ 訪中
at 2016-06-02 08:21
加水分解
at 2016-05-24 06:42
It's rainy on ..
at 2016-05-01 22:23

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

LINK

検索

その他のジャンル

No Steely 

終わってみれば、あっという間の9日間の釣りだった。
カナダでスティールヘッドを釣るということ。
しかも海から遡上してきたばかりの銀ピカのフレッシュを。
全てが初めての体験だった。



成田からバンクーバーへ、そこから国内線に乗り換え
Terraceという小さな街にたどり着くまで20時間近くを要してしまった。
というのもカナダへの入国審査の際、ワタシがお約束通り別室へ連れて行かれるハプニング。
お陰で国内線に乗り遅れる。
人生、これで3度目の経験だが、何故いつもワタシなのか.......
麻薬犬にも好かれるしね.....



Terraceのモーテルに着いてからは釣り三昧。
朝は5時に起床、夕方6時まで投げ続ける毎日。

d0156298_22235752.jpg

d0156298_22244589.jpg

d0156298_22252526.jpg

d0156298_22164576.jpg

d0156298_22254997.jpg


初日にいきなり掛かった20lb近いサカナはスティールと見間違えるような
銀ピカのコーホサーモン。
d0156298_222130100.jpg

異国の地で少なからず緊張していたが、
この一匹でだいぶ肩の力を抜くことができた。




今更ながら、悔やんでも悔やみきれないドラマは2日目の夕方に起こった。
ガイドにランとランの間にある早瀬に連れて行かれ、小さいステップダウンで
バケットを細かく探れと。
対岸90度にキャスト、スカジットヘッドの後部を毛鉤が動かないよう上流側へ置き直し、
後はラインのテンションを適切にキープするのみ。

今後発売されるであろうリニューアルしたBeulah TonicSpeyは
ヘッド先端の浮力が落としてあり、シンクティップの入りが非常によい。
ヘッド後部はしっかり浮くので操作性の良さはご想像の通りだ。

何キャスト目だったか、角度がまだだいぶ深い時点で毛針がひったくられ、
奴はジャンプした。


ガイドのJaysonが叫ぶ。
『Steely!!!』



一度対岸へ走られ、寄せ、今度は一気にもの凄いスピードで上流へ走る。
早瀬の強い流れを足元に受けながら、ロッドのベンドをキープするのに必死だった。
緩めたら全て終わる。
10mと少し先に寄せた時、偏光グラス越しに一度だけ見えたサカナは本当にスティールなのか?


だがこの直後、ラインは何も無かったかのようにテンションを失う。


ほんの数分の出来事だった。



スティールをランドするまでの一連の竿捌きはFML仲野さんにクドいほどレクチャーを受けていたので体は自然に対処していた。
今思うに、ホント有意義なアドバイスをいただいていた。
にもかかわらずバレてしまったのは・・・

ここでその話はやめておこう。
あの魚とは縁がなかったのだ。


バーブレスフックがレギュレーションに定められているこの川の釣りは本当にゲーム性が高い。
普段ウェットフライの釣りにおいてバーブレスフックを使う機会は少ないから、自分には尚更だ。
毛鉤の刺さっている向きを把握し、サカナの動きに対して適切な竿捌きをするのは
魚のサイズがサイズなだけに、場数が必要だろう。
上流へ走られた時点でヤツをコントロール出来ていなかったと言うべきかもしれない。

後悔しても仕方ない。
まだ2日目なので気持ちにはまだ余裕があった。



釣りが終わればみんなが集まりその日の報告会。
ほぼ毎晩、夕食は近くのステーキハウスで。
やらかした話や狙い通りのスイングで釣った話など、たのしい話が毎晩続いた。
コーホサーモン、シーランドリーバーデン、カットスロートにホワイトフィッシュは毎日釣れた。

d0156298_2218660.jpg

d0156298_22184580.jpg

d0156298_22304670.jpg
d0156298_2231988.jpg
d0156298_22312821.jpg
d0156298_22315062.jpg

ただ、スティールヘッドだけが顔を見せてくれない。



ガイドは水の状況は悪くないという。
エサを求めて海から上がって来たアザラシとは度々釣り場がバッティングした。
彼らが水中でサカナを追い回す。

何かが噛み合っていないのか、
それともスティールがいないのか。



結局そのまま全ての日程を終える事になってしまい、今回の旅ではNo Steely

本命に会えなかった悔しさはもちろんあるが、ただ、釣り旅として考えれば至福の時間であった。
素晴らしい環境の中で竿を振り倒した事、たのしい仲間に恵まれた事。

陽気なガイド達とはワタシの英語が稚拙なので、メモ帳を用意していって聞き取れない部分は筆談をして理解した。

d0156298_22274191.jpg
d0156298_2228354.jpg

d0156298_2330648.jpg

おかげで彼らとの会話からもたくさんの勉強できた。

ほんとうに貴重な経験をさせていただいた。

半年も前から今回の旅の参加者へ熱心にレクチャーしていただいき、
旅先でも常に細かなアドバイスとハイレベルな?ジョークで場を和ませていただいた(株)FML仲野さんには、感謝しきれない思いです。
ほんとうにありがとうございました。


またひとつ、戻らなければならない場所ができてしまったな...
いつか、ね。



Special Thanks:FML 仲野さん
Up Stream Adventures Todさん、Mattくん、Jayson

【Tackle】
Rod:Beulah PlutinumSpey 12'4" 8wt
Reel:Hardy Perfect Taupo 3-7/8"
Line:Beulah Tonicspey 500gr.
New Tonicspey 450gr.
T-8〜T-14 10ft
Tippet:O.P.S.T. Nylon 16ld,20lb
[PR]
by yokohamafly | 2013-10-14 23:52 | 釣行記