SANSUI横浜店勤務。釣行記と独り言。


by yokohamafly

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
釣行記
フライタイイング
イベント
独り言

最新の記事

5年目の道北
at 2016-10-22 07:52
また台風?・・・
at 2016-10-02 09:05
BOMMER
at 2016-09-19 22:22
調査釣行
at 2016-08-04 17:44
深夜バスの旅
at 2016-06-30 09:33
道北 釣り旅 その2
at 2016-06-28 00:39
道北 釣り旅
at 2016-06-25 07:53
2016’ 訪中
at 2016-06-02 08:21
加水分解
at 2016-05-24 06:42
It's rainy on ..
at 2016-05-01 22:23

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

LINK

検索

5年目の道北

8月中旬の3度の台風上陸と、その後付近を通過した台風10号。
地元遠軽の釣りをしない友人にちょくちょく川の状況を聞いていたが、
水色は回復する気配もなく、
今回ばかりは日程前半の道東での釣りは、出発前から半ば諦めていた。



札幌から都市間バスで紋別に入り、レンタカーを借りて前半のベースとなるセトセ温泉に到着。
d0156298_06493177.jpeg
遠軽の街中にあるいつものビジネスホテルが数ヶ月前から満室で、
他をあたっても何処も満室。
最後に見つけたのがここでした。
d0156298_06501879.jpeg
創業60年くらいとの事ですが、戦後まもなく建てられた面影はいたるところに見受けられ、
なんかタイムスリップしたような錯覚にww
気さくなご主人は釣りが好きなようで、昔話をいろいろと話してくれました。

ネットの口コミ通り、ソファーは破れているし蜘蛛の巣貼ってるところもあるが、
ここの温泉は素晴らしかった。
無色透明で派手さは無いが、源泉かけ流しで柔らかく、湯から上がってもいつまでもお肌しっとり♥
温泉水を服用すると内臓疾患にも効くそうで。
d0156298_06495143.jpg
携帯電話の電波は当然届きませんのでスマホが使えず、天気予報をTVでチェック。
またしても台風に追いかけられてる・・・



湧別川。
雨は降ったり止んだり。
時折突然晴れたり。
d0156298_06514916.jpeg
d0156298_06515963.jpeg
朝一、釣りが出来るかなと思えるくらい濁りがやわらいだと思えば、
少しの雨でまた酷くなる。
雨が多かったから近隣の山の保水力が限界に達しているのか、
上流部で崩れた崖の土をさらっているのか。
釣り人も居ないし、このまま濁度、水位ともに落ちていけば大チャンスなんだけど、
上の画像のような水色は朝の一時。
脛までのウェーディングで自分のシューズが見えないほど濁ってくると、
さすがに釣りにならない。


釣りが出来るところを探しに車で湧別川沿いを延々走ったが、
最上流部まで泥濁り。
峠を越えて石狩川まで見に行きましたがこちらも酷い濁りで・・・
d0156298_06523330.jpeg
まぁ、また来ればいいさっ。



滞在4日目。
合流するお客さんをお迎えに紋別空港へ。

初めて同行するお客様のリクエストで今回も千葉さんにガイドをお願いしていたので、電話で状況確認。
今回は天塩本流だけでなく、支流のドライフライの釣りも楽しみにしていたのですが、
一気に下がった外気温のせいで状況は厳しいとの事・・・

それもそのはず、
数日前まで最高気温は20度を超えていたが、
今日の気温は11度・・・
急激な水温低下はプラス要素にはならない。
見た目にはとても癒される紅葉も、ドライフライの釣りには落ち葉が邪魔になる。
そんな事もあり、今回は急遽、日程の後半は天塩川本流一本勝負となりました。
d0156298_07074120.jpeg
d0156298_07394466.jpeg
d0156298_07402980.jpeg
天塩川は今まで来た中で一番のローウォーター。
ポイントによっては今年の春にチェックした時とだいぶ変わっており、
行ってみたい場所がたくさんありすぎて選択に迷う。

川へ出る森を歩いていると、いたる所に食べられそうなきのこが♥
d0156298_07121349.jpeg
d0156298_07125861.jpeg
きのこを見るたびに、いつもきのこの知識が欲しいなと思います。
天然のきのこ鍋、すごく美味しいいですからねーー



一先ずいつもの実績のある場所で流してみると、手元に数度コンタクトがあり、
中型のニジマスがポツリポツリと釣れた。
時間はまだ昼前。
これだけ寒いと恐らく一番いい時間帯は夕方前の3時頃だろう。

一通り流し終えた終えたポイントへ、そのタイミングでもう一度入る。
d0156298_07075554.jpeg
毛鉤はG.P.
渓流でエルクヘアカディス並みに働く万能毛鉤ですね。
今回はローウォーターでしたので全長5cmくらい。
水色はクリアーでしたが一番信頼しているカラーで。

瀬から流れが緩みはじめ、魚がゆっくりとエサを捕らえられる流速に差し掛かった時、
根がかりのようなテイク・・・
シンクティップは時間も時間でしたのでシンクレートの低いものに交換してあったので、
根がかりではないことに確信がありました。

ジィーーーーーーーーー

リールが鳴ってラインがある程度引き出されたところで軽く合わせると、上流へ一気に走り出した。
大きな石やストラクチャーのない場所だったので慌てることはなかったが、
過去に上流側へ走られてとても悔しい思いをしている経験から、ちょっと慎重になっちゃいました(笑

間違いなく本命虹鱒。
でもぜんぜんジャンプしないなと思ったら・・・

d0156298_07082867.jpeg
d0156298_07230149.jpeg
d0156298_07083174.jpeg
やっぱりオスでした!!
57cm
目標に3cm足らず・・・
残念なのは左側の下唇がすこし傷んでいたこと。
敢えて左側からの画像を上げますが、リリース前提ならバーブレスフックにしないとね・・・


翌日は愛竿SCOTTからBEULAHのオニキス13ft 1inch 6wtと14ft 8wt に持ち替える。
普段は軽快感優先で6wt のスイッチロッドと320gr.の長めのスカジットヘッドでほぼ通しておりますが、
やはり重いダンベルアイやコーンヘッドの付いた毛鉤を投げるのであれば
ロッドは7~8wtを選ばれた方がストレスが無い。
d0156298_07113583.jpeg
ツーハンドロッドがファストアクション全盛の中、バットまですっと曲がりの入るアクションのこのロッドは
初めてツーハンドを握る方でも投げやすく、結果それが飛距離につながります。
本流虹鱒を釣るのであればおすすめのモデルです!



最終日に入ったラン。
ここは強い荒瀬からトロまでゆうに300m以上はありそうなポイント。
過去に何度か大きな虹鱒のライズを見ている場所。

強い瀬の流心に毛鉤を落として沈め、
ブレイク付近をなるべくゆっくりと横切るようにスイング。

いつもライズを見る場所はまだだいぶ下流。
そんな事もあって、ランの半ばですっかり集中力が切れはじめていた。

そんな時、毛鉤が石に挟まったのか、
ジーーーッとラインが一定のスピードで出ていく。

いつもであれば、軽くロッドを煽ってみて、
根掛かりなのか魚なのか確認するのですが、
この時ばかりはボーッといろんな事考えちゃってて、
魚が首を振ってフックを外すまで、フリーズしてました・・・

あの根掛かりのような重さは、きっとグッドサイズだったと思います。
釣りの最中に考え事は良くないね‥‥(T^T)


次回は来年の春。
やっぱり虹鱒釣りは楽しーー!!
今から待ち遠しいです。




SCOTT ARC 1196/4
Line:Airflo Sksjit compact, Buelah Tonic V2
Fly: Steel head G.P (1inch Tube), Intruder etc



[PR]
by yokohamafly | 2016-10-22 07:52 | 釣行記