SANSUI横浜店勤務。釣行記と独り言。


by yokohamafly

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
釣行記
フライタイイング
イベント
独り言

最新の記事

5年目の道北
at 2016-10-22 07:52
また台風?・・・
at 2016-10-02 09:05
BOMMER
at 2016-09-19 22:22
調査釣行
at 2016-08-04 17:44
深夜バスの旅
at 2016-06-30 09:33
道北 釣り旅 その2
at 2016-06-28 00:39
道北 釣り旅
at 2016-06-25 07:53
2016’ 訪中
at 2016-06-02 08:21
加水分解
at 2016-05-24 06:42
It's rainy on ..
at 2016-05-01 22:23

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

LINK

検索

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ヤツラ、再び・・・

ゴールデンフェザントのコンプリートスキン。
使える部分が多々あって、価格もお財布にやさしい粋なマテリアル。
使い方に関しては話がなが~くなってしまうので今回は割愛しますが、
ストリーマーやウェットフライのタイイング愛好家にはなくてはならないマテリアルかと。


来年の桜鱒用に珍しくもこんな時期からぼちぼち巻き始めておりますが、
GPの入ったジップロックを開けてみると・・・・・・・・・


ヤツラを再び5尾確認・・・・・・・・・・・


d0156298_82784.jpg



以前アタシのジャックドゥを食い荒らした体長3mmほどのかなーり歓迎しないムシに再会。
やたら落ち着きなく動き回る性格なのか、マクロのピントがぜんぜん合わない。
(夜な夜なこんなムシにピントを合わせて画像を撮ろうとしているアタシもアタシですが・・・)


皆さんもお気をつけください。m(ーー’)m
[PR]
by yokohamafly | 2010-10-26 23:48 | 独り言

test動画

FeltsoulMedia 『EASTERN RISES』

『hemorrhoidal mouse』 来年のイトウ釣りに使えそう・・・
[PR]
by yokohamafly | 2010-10-03 13:34 | 独り言

大鳥釣行 その2


宿でゆっくり昼食をとってからマスターにポイントまで車で送ってもらう。

(この宿に宿泊するとこんな送迎のサービスがある上、釣りの情報までいただけるので
もし行かれる方がいれば是非、とんじろさんをご利用ください。
因みに林道入り口にゲートがあるので本来は徒歩でのみのアプローチ。結構歩きますよ。)



ポイントに到着すると・・・・散発ながらライズリングがゆったりした流れに広がる。
午前中ほどではないが、雨は降ったりやんだり。


ひさびさの、いや、数年振りのハッチマッチの釣りの舞台が目の前で整っている。


橋の下で雨宿りしながらライズの様子をうかがう。
確認できたハッチはコカゲロウにちょびっとガガンボ、#14くらいのクリーム色のメイフライが多数。
なるべく大きい毛鉤で釣りたいのもあって(というより、小さい毛鉤は自宅の机の上・・・)#14のメイフライに近いダンパターンをティペットに結んだ。イワナはその虫を間違いなく食っているのも確認したうえで。




カーブキャストでフライ先行のドリフトができればあっさり釣れてしまう。




d0156298_0272021.jpg

d0156298_23445124.jpg

d0156298_0264913.jpg

普段からメジャーというものを持ち歩かないのでロッドをあててサイズを確認。
大きいので尺二寸、小さいので9寸。ひさびさのツヌケ。



雨足が強まればライズも散発。橋の下に逃げ、ヒマなのでこんな写真をパチリ。
d0156298_027538.jpg

『このカメムシもヤツラのエサかね?』と素朴な質問に
『気が向いたら食ってんじゃないすか?』なーんていい加減に答えたら、
先ほどからライズがとれない苦戦中のルアーマンS崎父ちゃんはなんとっ、
スピナーのフックにコイツを刺し、投げ始めたのには腹から笑った。


数キャストした上で・・・・『釣れないじゃんっ(怒)』


そんなS崎父ちゃん、フライデビュー。
ちょいと苦戦しましたが・・・・・・・
d0156298_0275039.jpg

d0156298_027354.jpg

見事、尺一寸キャッチ。
普段からよく釣る人ですが、ミラクル。今回は正直たまげました、ハイ。
アタシのアドバイスがよかったのかな?(笑



JINさんも来れればよかったのになぁ・・・・・・・・



翌日は渓流の釣りあがり。
ガンガン瀬の脇で今釣行最大サイズと思われる岩魚をあっさりバラシ・・・
フラットな水面でのライズゲームもあり、目まぐるしくかわるシチュエーションはやっぱり飽きませんね。
d0156298_0293815.jpg

d0156298_02879.jpg





本来狙うはずであった遡上大岩魚。
こーんな感じでワラワラ泳いでいるはずでした・・・。
d0156298_0291883.jpg

来シーズン、再チャレンジですな。



最後にお願いがあります。
この場所の岩魚、尺クラスは小学生サイズ。
放流活動は殆どせずに世代交代を繰り返しています。
釣り場を維持する為にも出来る限りのリリースを心からお願いいたします。
実際、こられる方のほとんどが釣りのジャンルにかかわらずリリースを徹底している。

こんな場所、他にはなかなかナイですよ。

でわ。
[PR]
by yokohamafly | 2010-10-02 01:33 | 釣行記

大鳥釣行 その1

山形県の赤川上流にある大鳥池。
釣りキチ三平世代であれば誰もが知る『タキタロウ』で有名な湖。
けれどもアタシが通う『大鳥』は新潟県内にある、とあるダムのバックウォーター。
知る人ぞ知る、『ドライワカサギ』発祥の地である。



雨の降りしきる中、27日の日付がかわる直前に自宅を出発。
途中、S崎父ちゃんを助手席に乗せて新潟県へ一直線。
首都高の分岐を2度も間違え、東京見物・・・父ちゃんにブーブー言われながらも明け方前にはシルバーラインに突入。
d0156298_2322137.jpg

この長~いトンネル、はじめて連れてきていただいた7年前から何度走ったことか・・・。
シルバーラインを抜けるとそこには大きな駐車場があり、その一角にあるのがお宿『とんじろ』
http://www.tonjiro.com/
ここには大岩魚、ランドロック桜鱒の情報がぎゅーぎゅー盛り沢山。
アットホームな雰囲気の宿は料理も酒もサイコーっす。


宿の前にどーんと大きな水槽があり、この中には今シーズンに釣れた大岩魚が泳いでいる。
画像の岩魚は60cm程か・・・宿の主が釣ったオスの大鳥岩魚。
かっこいいっしょ?
d0156298_23223139.jpg

宿の中にも今までのトロフィークラスが剥製になってあちこち所狭しと飾ってある。
d0156298_23231779.jpg

d0156298_2351413.jpg

d0156298_232474.jpg

d0156298_23503851.jpg

d0156298_2322506.jpg

d0156298_23251567.jpg

宿の最高記録は今は解散してしまったらしい『銀山会』の方が釣った80センチ越え。
アタシの自己ベストは51cm・・・・・・まだまだです。

宿の看板犬のラブラドールのインディ。今では13歳のおじいちゃんに。
d0156298_23322992.jpg
d0156298_2325542.jpg

犬好きなあたしにとっては可愛くて仕方がナイ。



今釣行、本来は湖から産卵の為に遡上するイワナを狙いに来たのだが、
今年は秋がずいぶんと遅れてしまった為、禁漁間際だと言うのに遡上の群れが確認できなかった。
そんな状況だったのでツーハンドロッドの出番はなく、
シングルハンド#4のコカゲロウへのライズの釣りに変更となった。



この日は昨晩からの雨がザーザーと一向にやむ気配もなく、仕方ないので昼まで待機。
マスター(主)の話だと、雨さえ止めばライズはなかなかのものらしい。


午後、少し小振りになったところで出発っ。
d0156298_23262111.jpg

予想外のライズの嵐のなかでの釣りは次回ご報告。
でわでわ。
[PR]
by yokohamafly | 2010-10-01 22:43 | 釣行記