SANSUI横浜店勤務。釣行記と独り言。


by yokohamafly

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
釣行記
フライタイイング
イベント
独り言

最新の記事

5年目の道北
at 2016-10-22 07:52
また台風?・・・
at 2016-10-02 09:05
BOMMER
at 2016-09-19 22:22
調査釣行
at 2016-08-04 17:44
深夜バスの旅
at 2016-06-30 09:33
道北 釣り旅 その2
at 2016-06-28 00:39
道北 釣り旅
at 2016-06-25 07:53
2016’ 訪中
at 2016-06-02 08:21
加水分解
at 2016-05-24 06:42
It's rainy on ..
at 2016-05-01 22:23

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

LINK

検索

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Flatwing Streamer

道北の湖で、念願のイトウがようやく釣れたのは数年前の秋の事。
そんな頃、どんな毛鉤がいいのかまだまだ知識不足で、雑誌やネットでいろいろ調べている時、何となーくビビッときたのがMr.Kenney Abramesのフラットウィングストリーマー。

そして、人生初のイトウに巡りあわせてくれた思い出深い毛鉤でもある。

兎にも角にも大きな毛鉤で大きな魚が狙える釣りが個人的には鳥肌が立つほどに好きなのですが、イトウ釣りに関していえば、大きな毛鉤を使うメリットはオサカナ側にもある。
っちゅーのもスイッチの入ったイトウが捕食に入る時、まったく躊躇が感じられない。
アタる時は毎回いきなり『ドーーンッ』、とくる。
そして止水の釣り場でかなり早いリトリーブをかけていても、毛鉤を飲み込まれる確立は高い。
ならば大きな毛鉤でなるべく飲み込ませないよう、釣り人側にも工夫と配慮が必要となってくると思うのですね。
あんなデカイ図体をしていても、下顎の奥(喉付近)に毛鉤が掛かるとまず出血。エラから血がタラ~ッと垂れてきて『うっわ、どないしよ・・・』と慌てることになる。後にその理由を友人から聞いて以来、上顎へのフッキングを心掛けるよう、毛鉤は全てキールに。
水中での生態系の頂点に立つであろう存在であっても、実はヒジョーにデリケートなオサカナなのです。

キャスティングのし易さやサカナへの配慮を含め、本来ストライパーを狙う為のフラットウィングストリーマーという毛鉤はイトウ釣りに関してメリットは多いと思う。





d0156298_744967.jpg

ハックル、どんな色を組み合わせて使うかでいつも悩むのね・・・

今回のはこんな感じでまとめてみた。コックデレオン・ルースターサドルのダークパルド、METZのマグナムサドルのピンク、オレンジ、ブルー、イエロー、ラベンダーなどなど。

d0156298_9211138.jpg


オサカナ目線で下からのぞくと・・・重ね合わせたハックルの色が透けて混じりあい、なんとも言えない雰囲気がある。
d0156298_9214381.jpg


d0156298_9221594.jpg

熊撃退スプレーも新調して、あとは向こうの状況次第です・・・・。
[PR]
by yokohamafly | 2011-08-30 01:30 | 独り言

For Northernlake・・・

CashmereGoat Streamer
イントルーダーループでGamakatsuのオクトパスフック#4をキールにセット。
d0156298_854672.jpg


カシミアゴートをテールに留めて毛鉤全体の長さを決める。その後シャンクサイドにフラットティンセルとオーバルティンセルを。
d0156298_86223.jpg


『HARELINE UVポーラーシェニール』。以前は三水ぐらいしか取り扱いがなかったが、現在ではティムコさんでも扱っているので、このマテリアルの効果は今シーズン、中禅寺湖などいろいろな場所で聞かれるようになった。
d0156298_861572.jpg


シャンク後半部分の2/3をフラットティンセルで作り、残りのスペースでシェニール2回転半。
d0156298_86326.jpg


用意しておいたリビング用のオーバンティンセルで先端部分のシェニールまでカウンターで締め上げてから、ウイングに細めのサドルを一枚フラットに留める。
d0156298_864518.jpg


好みのカラーのカシミアゴートを留める。ここでは3色。下からLtオリーブにオリーブ、ブラウン。ウイング材はのせる毎に短くしていき、ヘッド部分より先細りの綺麗なテーパーがかかるようにする。大事なのはスキンから切り出したカシミアゴートの根元部分のウェブを捨てずに、丁度ヘッド部分で厚みがでるようにあわせて足し、ヘッド部のボリュームを出す。
d0156298_865932.jpg


キャストしてカウントダウン、フォール中にやわらかいカシミアゴートが暴れないよう、オーバーウィングにGPのランプパッチからフェザーを一枚選んで・・・・
d0156298_871225.jpg

(キャナルさんから出てるゴールデンフェザントのランプパッチ。一番おいしい所がいろんな色に染めてあって1,260円は安い、と思う。)

・・・留める。スロートにもGPの赤いフェザーを。
d0156298_872850.jpg


こんな感じ。毛鉤は10センチほどの大きさ。それ以上大きいとこの毛鉤の場合遠投の際、投げ辛くなってしまう。バイスに挟んだ状態なのでジョーが邪魔してフックは垂れているが、バイスから外して後ろに引っ張れば、ループは短め、固めなので問題なくその状態をキープする。
d0156298_87421.jpg


来月ご一緒する皆さん、参考になれば幸いです。
でわ。
[PR]
by yokohamafly | 2011-08-19 08:36 | フライタイイング